『そっと背中を押してくれる(仮)』①⑦

  • 2021.10.06

不妊検査を受けてみよう、そう少し前から考えていた。 10代の頃、大人になったら仕事もプライベートも充実してて 20代後半になったら結婚して子どもも育ててるだろうと、そんな漠然と将来を考えていた。 大学卒業後、社会人になって毎日の忙しさに追われてるうちにあっという間に20代が過ぎていった。 そして、30代になった。 もし健二との間に子どもを授かれなかった場合、この先どうするのだろうか。 また誰かと恋 […]

総理の夫。

  • 2021.09.30

※すみません、映画・原作本の内容とは直接関係ありません。                                                                                                                                                                             […]

『そっと背中を押してくれる(仮)』①⑥

  • 2021.09.12

土曜日、梨沙子は高校時代の友人たちとランチに来ていた。 定期的に集まる仲で、こうやって4人で集まるのは1年ぶりくらいになる。 「うちは旦那は家事もやってくれるし、今日みたいに土日も子ども達と遊んでてくれるからすごい感謝してるんだけど、子育てについてはいつもすっごい揉めてるよ。結局いつも子どものこと怒ってるのは私で、怖いママと優しいパパ。おまけに最近は旦那の両親までいろいろ口出ししてきそうで本当嫌に […]

優しい先輩(優しさの意味を知りたい)

  • 2021.09.06

オフィスには2人、今週末に開催されるビアフェスの準備に追われていた。 「優しい先輩で良かったです。」 「褒めても何も出てこないよ。」 「今日はプリンにしようと思ってます!」 「ダイエット始めたんじゃなかったの?」 「残業して働いた分エネルギー使ったのでチャラですよ!それに残業で稼いだ分のご褒美です!」 「稼いだ分って、自分で買わないでしょ?」 直美は知っている。桜木がなんだかんだ文句を言いながらも […]

優しい彼女(優しさの意味を知りたい)

  • 2021.09.06

23時が過ぎた。 優子は畳み終えた洗濯物を目の前に暗い部屋で一人、卓也の帰りを待っていた。 ガチャ。玄関の鍵を開ける音がした。 リビングのドアが開いて、拓也が入ってきた。 「え、どうしたの?電気もつけずに・・・」そう言いながら、卓也は電気をつける。 優子が部屋で待っていることは知っている。 「私ね、学生のころから成績はずっとBで勉強もスポーツも平均より少し上くらいだったの」 「ん、どうしたの急に? […]

『そっと背中を押してくれる(仮)』①⑤

  • 2021.06.19

気づいたら梨沙子と健二が一緒に暮らし始めて半年が経とうとしていた。 普通の恋人同士のような何気ない、充実した毎日を過ごしていた。                                                                          「実は母親が入院することになったんだ」 ある日の夕食時に健二から話があった。 「え、そうなの?大丈夫?」 「スーパーの駐車場 […]

『そっと背中を押してくれる(仮)』①④

  • 2021.06.06

あの夜以降、梨沙子と健二の関係は少しずつ変わっていった。 今までより会話をするようになった。 たくさん連絡を取り合うようになった。 平日、仕事が早く終わる健二が梨沙子を駅まで迎えに行くようになった。 スーパーで買い物をして帰る。 スーパーでどっちのアイスを買おうか悩んでる梨沙子に、 「両方買いな。半分個して一緒に食べよう!」と健二が言う。                               […]

取得(合格)済み資格・検定

  • 2021.05.09

                                                                         2011年(平成23) 2月 実用英語技能検定2級 6月 普通自動車第1種 6月 漢字能力検定2級 2012年(平成24) 6月 秘書検定2級 2013年(平成25) 3月 ホームヘルパー2級 9月 世界遺産検定3級 12月 温泉ソムリエ 2015年(平 […]

ブログの現状(2021.05.08)

  • 2021.05.08

今年は週1のペースでの更新が目標。 今のところ(この記事含まずに)12記事。 もっと少ないかと思ってたけど、意外と書いていた!                                                                          でもその間に今年から書き始めたnoteは今のところ44記事も書いている。 noteの方は思ったことをつらつら書いているだけなん […]

『そっと背中を押してくれる(仮)』①③

  • 2021.05.08

梨沙子自身、自分の面倒くささに自分で面倒くさくなる時がある。 前の彼にプロポーズされた時もそうだった。 彼には”転勤することになったから、ついてきてほしい”と言われた。 好きだから一緒についてきてほしいのか、私だからついてきてほしいのか、それとも転勤についてきてくれる人なら私以外の誰でも良かったのか。 ”ついてはいけない”という梨沙子の言葉に、彼は”わかった”と言ってそのまま私たちの関係は終わった […]

1 6